ちゃっぷのいつでも映画日和

映画を視聴した率直な感想、考察などを書いています!

映画『シン・ゴジラ』の感想!ひどい出来でラストまで観ていられなかった…

 

シン・ゴジラ

 

 ゴジラ映画が自分の中でブームなので、シン・ゴジラも観てみました。

 

率直に言ってとてもつまらなかったです。

 

絶賛の感想が多いこと、高評価の映画であることは存じておりますが、私にとってはあまりに受け入れがたいひどい出来栄え過ぎて、ラストまで観ていることができませんでした。

 

もしゴジラ映画としてこれを1番最初に観ていたら、私がゴジラに興味を持つことはなかったことでしょうね。

 

 

映画『シン・ゴジラ』の作品情報

 

あらすじ

突如、東京湾アクアトンネルが巨大な轟音とともに崩落し、海上に巨大不明生物が現れました。

 

巨大不明生物の名前は『ゴジラ』。

 

政府関係者が情報収集に追われ慌てふためく中、ゴジラは上陸し街の中心部へと歩みを進め、普段通りの生活を送っていた街を次々に破壊していきます。

 

政府は緊急対策本部を設置し、自衛隊に防衛出動命令を発動。

 

果たしてゴジラに対して人間に為す術はあるのか…?!

 

予告動画


『シン・ゴジラ』予告

 

映画『シン・ゴジラ』のネタバレ感想

 

私はゴジラ自体は大好きです。

でも、この映画だけは受け入れられません。

 

演出・場面・人物ごとに切り替わる画面

序盤から細かい演出、場面、話す人物によって画面がパッパッパッと頻繁に切り替わります。画面の切り替わり自体は悪いことではないですし、独特なアングルもあって面白いとは思うのですが動かし過ぎです。

 

細々と画面が切り替わるせいで場面の全体像がつかみにくいし、それぞれの話はぼやけてしまうし、私の場合は少しだけ画面酔いもしました。

 

もう少し画面の切り替わりを減らして欲しかったです。

 

ゴジラの出来がひどい…

そして私の大好きなゴジラ…。

 

ゴジラに関してハリウッド版しか観たことがないので、おそらく私の方が邪道なんだとは思いますが、あれはあまりにもひど過ぎませんか…。

 

尻尾が出てきた時点で「ん…?」とは思いましたが、ぬいぐるみやおもちゃのようなチープな見た目、糸で動かしているのかと思うぐらい操り人形を左右に揺らしているような単調な動き…。

 

壊れゆく街並みには豪華な演出をしているのに、どうして壊している怪物本体のつくりはあんなにもチープなんですか。

 

昔のオリジナル版ゴジラをリスペクトしてのつくりなのかもしれませんが、せっかく現代にもう1度ゴジラを出現させるのですから、もうちょっと現代技術を駆使して豪勢なつくりにしても良かったのではないでしょうか。

 

ラストまで観ていられなかった…

私はどんな映画でも極力最後まで視聴するように心がけています。

 

グッドモーニングショーのように吉田羊さんのエンディングにほっこり癒される部分があるかもしれない、途中で面白いシーンがあるかもしれない、視聴後の考察が楽しめるかもしれないと思うからです。

 

しかし、今作に関してはもう少し…もう少し…と自分をごまかしながら1時間半まではなんとか頑張ったものの、ラストまでは耐えられませんでした…。

 

私はゴジラが観たいのに終始ゴジラの襲来にワタワタする人間のシーンばかりだし、ストーリーの進みは遅いし、豪華なキャストを主張するばかりで人間側のキャラクターに共感できるものがありません。

 

山なし谷なしが続いて、正直苦痛でした。

 

まとめ

 

今作がお好きな方には本当に申し訳ございません。

 

私にとってのゴジラはハリウッド版の方のゴジラで、こちらは自分の中でゴジラとして受け入れることができませんでした。

 

今後はハリウッド版のゴジラ映画は観ますが、日本のゴジラは観ないようにいたします。

 

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ

 

 

↓映画『GODZILLA ゴジラ』についての感想はこちら↓

chappu222.hatenablog.com

 

↓映画『GODZILLA』についての感想はこちら↓

chappu222.hatenablog.com