ちゃっぷのいつでも映画日和

考察大好き人間による映画の感想・考察記事を書いています(*´ω`*)

映画『テラフォーマーズ』の感想!打ち切り感がスゴイけど一部キャラは好き

テラフォーマーズ

 

人気漫画の実写映画『テラフォーマーズ』

 

Amazonプライムビデオでの評価が☆2.5。低評価の方が多いという問題作感が漂う映画で視聴前は少し不安だったのですが、不満はあるものの思ったより楽しめる映画だったかなと思います。

 

 

映画『テラフォーマーズ』の作品情報

 

 あらすじ

21世紀。人類は火星への移住を目指し、苔と『ある生物』を火星に送り込み地球化させようと計画しました。そして計画から500年後、仕上げとしてある生物の駆除のために集められた15人の人間が火星へと向かうことに。

 

過酷な環境・500年という時を経て、『ある生物』は地球での姿とは全く異なる人型への異常進化を遂げ、火星にやってきた人間たちに襲い掛かってきます。人類は肉体に昆虫のDNAを組み込み、虫の特性を活かした姿と超人的なパワーでそれに対抗しますが…。

 

予告動画


映画『テラフォーマーズ』予告編

 

映画『テラフォーマーズ』のネタバレ感想

 

低評価が大多数の残念な映画という風に聞いていたのですが、ネタとして観れば笑いどころもある面白い映画だったかなと思います。

 

確かに原作とは違ったオリジナル展開、豪華なキャストに比べて悪目立ちするキャストやコスチュームに無理がある感じで賛否は分かれるのかもしれませんが、個人的には思ったよりかは楽しめました!

 

 

伊藤英明が小吉は違うかな…

伊藤英明さんは大好きなのですが、テラフォーマーズの主人公・小吉役としては少し無理があったかなと思います。

 

伊藤英明さんと言えば、自分の中では映画『陰陽師』の源博雅役のイメージが強くて、馬鹿正直なほど真面目でどこか抜けているほのぼのとした人柄の方が合っていると思っているので、今回のようなちょっとアクション強めなオラついているキャラには違和感がありました

 

見た目はどうとでもなるので大丈夫なのですが、セリフの言い回しに無理があるように感じましたね。オラついているセリフが言いにくそうというか、迫力なくもたついているというか、言い慣れてない感がすごかったです

 

陰陽師が好きすぎるあまりそう感じてしまうのでしょうか…。

伊藤英明さんという俳優さんも、テラフォーマーズの小吉というキャラも好きなだけに少し残念でしたね。

 

追記

今作のオラついた小吉には違和感がありましたが、同じくオラついている役柄の映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』では違和感なくマッチしていました!

 

chappu222.hatenablog.com

 

笑いどころは豊富

テラフォーマーズの中にはネタっぽい笑いどころが多くて、個人的には楽しんで視聴することが出来ました。

 

インパクト大の小栗旬。

原作では真面目なただの博士っぽい人物だったと思うのですが、映画版では謎のファッションセンス・動き・セリフが目立つキャラクターに変わっていました。なぜ映画版であんなにキャラチェンしたのかは不明ですが、いやぁ…いいキャラしてますね(笑)

 

動きといいセリフといい絶妙で「地球の未来のために」とちっちゃく屈伸した時とか、バグズ2号に残った艦長の生死について「死亡!」と言い切った感じとか個人的にツボでした。

 

ゴッド・リーの噛ませ犬感も好き。

「見返してやろう」というセリフ、「あいつは地獄を知っている」「見てろよ。ゴキブリなんて楽勝だ」という分かりやすいフリ、必殺技で倒れ行く敵に背を向けるというところまで完璧でしたね。

 

視聴中は気付かなかったのですが、ゴッド・リーはケイン・コスギさんが演じていたんですね。独特なイントネーションだなとは思っていましたが、あの噛ませ犬キャラに思った以上に有名どころがキャスティングされていて驚きとともにさらに笑えました。

 

手塚の変態キャラも良かった。

登場当初から「ん?!なんだこいつは!」と思っていましたが、最初から最後まで見事な変態キャラを貫き通していて良かったです。原作ではあの虫のバグズ手術を受けていた人物はいましたがあんなに目立つキャラではなかったはずなので、本多博士同様キャラチェンされているようですね。

 

ゴキブリ駆除剤に書かれた『アース』のロゴ。

火星到着直後、ゴキブリを駆除するために殺虫剤のような薬液を散布するのですが、その薬液の外壁に殺虫剤で有名なあの『アース製薬』のロゴっぽい文字が書かれていました。

 

一瞬チラッと映る程度なのですが、そういう細かい笑いどころ…大好きです(笑)

 

キャスティングが気になる…

テラフォーマーズのキャストは全体的にとても豪華で、小栗旬・山田孝之・滝藤賢一などが笑いどころのあるキャラクターを演じていて良かったのですが、一部キャストには気になる部分もありました。

 

メインキャラに好きなキャスト陣が多いだけに、どうしても細かいシーンでの棒読み・インパクトの弱さ・ビジュアルの違和感が気になってしまいましたね。 

 

 

無理というほどではないのですが、もう少し何とかならなかったのかなと。

キャスティングが豪華で大好きな俳優・女優さんがいた分、少しもったいないように感じました。

 

テラフォーマーが良い出来!

原作だと見慣れてくると「可愛いかも?」と思えるようなマスコット的なキャラクターだったテラフォーマーが、映画だと大きく黒い瞳・マッチョメンボディ―・強めな影があるせいでかなり敵っぽいビジュアルに

 

動いた時に分かる足元の着ぐるみっぽさが少し気になりますが、顔のインパクトが強いのでそこまで気になるほどではありませんでしたね。

 

船員の着ぐるみ・コスプレ感が気になる

船員たちの着ぐるみ感が気になりました。

普段の白っぽい宇宙服の軽く安っぽい感じや、虫形態に変身後の腕・胸辺りの着ぐるみっぽさが気になりましたね

 

映画として動きやすさを重視していたり、予算などの限界があるためにしょうがないのかもしれませんが、質感や素材がどうしても安っぽく着ぐるみっぽさを強めているように感じました

 

山田孝之と山Pは、胸元と腕に強い変身がなかったためかそこまで違和感がなく良かったので、できればあんな感じで頭部メインの変身にしてほしかったです。

 

また変身後に髪色や髪形が変わるのも気になります。

漫画版でも髪色や髪形が変わっていたのかちょっと覚えていないのですが、実写映画であんな風に分かりやすくビビッドな髪色にしてしまうと、コスプレ感が増してしまうので良くないのではないかなと感じました。

 

原作通りなようで結構違う

ストーリー展開の大筋はおおむね原作に近い感じだったのですが、登場人物が全員日本人に変更されていたり、高校生だったイチローが大学生になっていたり、キャラクターの性格や設定が少し変更されています。

 

それだけならばそこまで気にするほどではないのですが、最後に死んだはずのヒロインが蛾に変身して登場し、蛾が出した鱗粉に引火させて大爆発させるという映画オリジナルのラストは好みが分かれそうですね。

 

原作であった『虫の中には死亡後にも活動を続けるものもいる』みたいな解説があればまだ良かったのかもしれませんが、それがなかったためにあれだけだとご都合主義過ぎる展開に感じました。

 

打ち切り感がスゴイ…

原作ではここまでのお話はあくまでもこれからの話に繋がる序章のような立ち位置だったと思うのですが、映画版ではなんともここで終わりという打ち切り感がありましたね。

 

最後に小吉が思わせぶりなことを言っていることから人気が出れば続編をつくる予定だったのかもしれませんが、評価が残念な感じになってしまったので続編はつくらないことにしたのかもしれませんね。

 

そのせいか、俺たちの戦いはこれからだ!という打ち切り感がスゴイ…。

ただ調べてみると、一応続編としてWEBのオリジナルドラマがあるらしいです。

 

同じ監督・主演の『悪の教典』という映画でも、ストーリーが中途半端な終わり方をして続編はWEBドラマという展開でしたが、これはあえて狙っていることなのかどちらも人気が出なかったために致し方なくWEBドラマで続編をつくっただけなのでしょうか…。

 

まとめ

漫画原作の実写映画は難しいですし、レビューでは低評価の映画ということで少し不安だったのですが、原作とは違ったストーリー展開・キャスティング・着ぐるみ感に少し不満はあるものの思ったより面白い映画でした。

 

原作愛が強い方にはおすすめしませんが、原作を知らない方や虫の特性について知ることを楽しめる方、ネタっぽい笑いが好きな方にはオススメですよ。

 

テラフォーマーズ

テラフォーマーズ