ちゃっぷのいつでも映画日和

映画を視聴した率直な感想、考察などを書いています!

映画『テラフォーマーズ』の感想!打ち切り感がスゴイけど一部キャラは好き

テラフォーマーズ

 

人気漫画の実写映画テラフォーマーズ

 

Amazonプライムビデオでの評価が☆2.5。低評価の方が多いという問題作感が漂う映画で視聴前は少し不安だったのですが、不満はあるものの思ったより楽しめる映画だったかなと思います。

 

今回はそんな『テラフォーマーズ』についての感想を書いていきます!

感想ではネタバレを含みますので、映画ご視聴前の方やネタバレを避けたい方はご注意ください。

 

 

映画『テラフォーマーズ』の作品情報

 

 あらすじ

21世紀。人類は火星への移住を目指し、苔と『ある生物』を火星に送り込み地球化させようと計画しました。そして計画から500年後、仕上げとしてある生物の駆除のために集められた15人の人間が火星へと向かうことになります。

 

過酷な環境・500年という時を経て、『ある生物』は地球での姿とは全く異なる人型への異常進化を遂げ、火星にやってきた人間たちに襲い掛かってきます。人類は肉体に『昆虫のDNA』を組み込み、虫の特性を活かした姿と超人的なパワーでそれに対抗しますが…。

 

火星を賭けた闘いに勝利するのは人類か、進化を遂げたテラフォーマーか。

 

予告動画


映画『テラフォーマーズ』予告編

 

映画『テラフォーマーズ』のネタバレ感想

 

テラフォーマーズ』は低評価が大多数の残念な映画という風に聞いていたのですが、ネタとして観れば笑いどころもある面白い映画だったかなと思います。

 

確かに原作とは違ったオリジナル展開、豪華なキャストに比べて悪目立ちするキャストやコスチュームに無理がある感じで賛否は分かれるのかもしれませんが、個人的には思ったよりかは楽しめました!

 

どちらかと言えば虫が好きな方や虫の特性に興味がある方、原作愛が強くない方におすすめかな(*'ω'*)

 

伊藤英明が小吉はちょっと…

伊藤英明さんは大好きなのですが、テラフォーマーズの主人公・小吉役としては少し無理があったかなと思います。

 

伊藤英明さんと言えば、自分の中では映画『陰陽師』の源博雅役のイメージが強くて、馬鹿正直なほど真面目でどこか抜けているほのぼのとした人柄の方が合っていると思っているので、今回のようなちょっとアクション強めなオラついているキャラには違和感がありました。

 

見た目はどうとでもなるので大丈夫なのですが、セリフの言い回しに無理があるように感じましたね。オラついているセリフが言いにくそうというか、迫力なくもたついているというか、言い慣れてない感がすごかったです。

 

陰陽師が好きすぎるあまりそう感じてしまうのでしょうか…。

伊藤英明さんという俳優さんも、テラフォーマーズの小吉というキャラも好きなだけに少し残念でしたね。

 

笑いどころは豊富

テラフォーマーズの中にはネタっぽい笑いどころが多くて、個人的には楽しんで視聴することが出来ました。

 

インパクト大の小栗旬

原作では真面目なただの博士っぽい人物だったと思うのですが、映画版では謎のファッションセンス・動き・セリフが目立つキャラクターに変わっていました。なぜ映画版であんなにキャラチェンしたのかは不明ですが、いやぁ…いいキャラしてますね(笑)

 

動きといいセリフといい絶妙に気持ち悪くて、「地球の未来のために」とちっちゃく屈伸した時とか、バグズ2号に残った艦長の生死について「死亡!」と言い切った感じとか個人的にツボでした。

 

ゴッド・リーの噛ませ犬感も好き。

「見返してやろう」というセリフ、「あいつは地獄を知っている」「見てろよ。ゴキブリなんて楽勝だ」というフリ、必殺技で倒れ行く敵まで完璧でしたね。原作を知っていたというのもありますが、見事な噛ませ犬っぷりで出てきた瞬間に「あっ…こいつは死ぬな…」と思いました。

 

視聴中は気付かなかったのですが、ゴッド・リーはケイン・コスギさんが演じていたんですね。独特なイントネーションだなとは思っていましたが、あの噛ませ犬キャラに思った以上に有名どころがキャスティングされていて、驚きとともにさらに笑えました。

 

手塚の変態キャラも良かった。

登場当初から「ん?!なんだこいつは!」と思っていましたが、最初から最後まで見事な変態キャラを貫き通していて良かったです。

 

原作ではあの虫のバグズ手術を受けていた人物はいましたが、あんなに目立つキャラではなかったと思います。本多博士はストーリーに関わる重要人物なので映画の際にキャラチェンされるのはまだ納得できるのですが、そこまでストーリー上重要でもない手塚がなぜここまで変態キャラになっていたのか謎です。好きですけどね(笑)

 

脇役のヤクザ達が好き。

山Pと伊藤英明さんの会話中にちらちらと映り込んでいたり、3人がバグズ1号に乗り込む時に2人でたばこを吸ってほのぼのと会話していたり、「死ぬときはヤクザだぁ!」と謎に服を脱いでみたり、ストーリーに全く関係ない隠れ笑いどころでした。

 

ドラマ『相棒』に出てくる「ヒマかっ」の課長の部署の2人組のようで、シリアスなシーンでもほのぼのと笑えました(笑)

 

ゴキブリ駆除剤に書かれた『アース』のロゴ。

火星到着直後、ゴキブリを駆除するために殺虫剤のような薬液を散布するのですが、その薬液の外壁に殺虫剤で有名なあの『アース製薬』のロゴっぽい文字が書かれていました。

 

一瞬チラッと映る程度なのですが、そういう細かい笑いどころ…大好きです(笑)

 

一部キャストがイマイチ…

テラフォーマーズのキャストは全体的にとても豪華で、小栗旬山田孝之滝藤賢一などが笑いどころのあるキャラクターを演じていて良かったのですが、一部キャストにはイマイチな部分がありました。

 

ヒロインは武井咲ということでキャスティングは豪華なのですが、インパクトが非常に弱いです。序盤で死亡しているためなのかもしれませんが、映画版ではエンディングに関わる重要な役どころになっているので、もう少しインパクトがあっても良かったのではないかなと思います。

 

映画に出演している篠田麻里子さんを初めて観たのですが、棒読み感が非常に気になります。大好きな変態手塚との共演シーンが多いせいで余計にそう感じたのかもしれませんが、もう少し何とかならなかったのでしょうか…。

 

山Pの時折出る英語とダサい髪形も気になります。個人的には原作でのバッタの彼が好きで、彼が完全なバッタの姿になってしまったシーンでは涙ながらに読んでいた記憶があるのですが、映画では思ったよりサラッと過ぎ去ってしまって全く来るものがありませんでした。

 

うわぁ…無理…というほどではないのですが、もう少し何とかならなかったのかなとは思います。キャスティングが豪華で大好きな俳優・女優さんやキャラクターがいた分、少し残念というかもったいなく感じました。

 

テラフォーマーが原作よりキショい

原作だと、見慣れてくると「可愛いかも?」と思えるようなマスコット的なキャラクターだったテラフォーマーが、映画だと大きく黒い瞳・マッチョメンボディ―・強めな影があるせいでかなりキショかったです(褒め言葉)

 

動いた時に分かる足元の着ぐるみっぽさが少し気になりますが、顔面のインパクトが強いのでそこまで気になるほどではありませんでしたね。

 

船員の着ぐるみ感が気になる

どちらかと言えば、火星にやってきた船員たちの着ぐるみ感の方が気になりました。

 

普段の白っぽい宇宙服の軽く安っぽい感じや、虫形態に変身後の腕・胸当たりの着ぐるみっぽさがとても気になりました。

 

映画として動きやすさを重視していたり、予算などの限界があるためにしょうがないのかもしれませんが、質感や素材がどうしても安っぽく着ぐるみっぽさを強めているように感じます。

 

山田孝之と山Pは、胸元と腕に強い変身がなかったためかそこまで違和感がなかったです。できればあんな感じで頭部メインの変身にするか、もう少し腕・胸周りを作り込んでほしかったですね。

 

また変身後に髪色や髪形が変わるのも気になります。漫画版でも髪色や髪形が変わっていたのかちょっと覚えていないのですが、実写映画であんな風に分かりやすくビビッドな髪色にしてしまうと、コスプレ感が増してしまうので良くないのではないかなと感じました。

 

虫についての解説シーンが良き

バグズ手術で施した虫についての解説シーンが面白かったですね。

 

虫は大嫌いなのですが、大自然ドキュメンタリーとか危険な生物などの番組が好きな者としてはストーリー関係なく楽しめるワンシーンでした。

 

演出が『転生したらスライムだった件』の技獲得シーンのような雰囲気だったのも、個人的にはGOODポイント!

 

原作通りなようで結構違う

ストーリー展開の大筋はおおむね原作に近い感じだったのですが、登場人物が全員日本人に変更されていたり、高校生だったイチローが大学生になっていたり、キャラクターの性格や設定が少し変更されています。

 

それだけならばそこまで気にするほどではないのですが、最後に死んだはずのヒロインが蛾に変身して登場し、蛾が出した鱗粉に引火させて大爆発させるという映画オリジナルの展開は好みが分かれそうですね。

 

原作であった『虫の中には死亡後にも活動を続けるものもいる』みたいな解説があればまだ良かったのかもしれませんが、それがなかったためにあれだけだとご都合主義過ぎる展開に感じました。

 

あと、個人的には原作の死亡後にヒロインが小吉に糸を出していたり、小吉が連れ去られそうになるヒロインを助けにいく展開が好きだったので、それが全カットで映画オリジナル展開になっていたのは少し残念でした。

 

打ち切り感がスゴイ…

原作ではここまでのお話はあくまでもこれからの話に繋がる序章のような立ち位置だったと思うのですが、映画版ではこれで完結になるのでしょうか?

 

最後に小吉が思わせぶりなことを言っていることから人気が出れば続編をつくる予定だったのかもしれませんが、評価が残念な感じになってしまったので続編はつくらないことにしたのかもしれませんね。

 

そのせいか、俺たちの戦いはこれからだ!という打ち切り感がスゴイ…。

 

ここからがメインだったのはずなのに、序章でまさかの打ち切りで非常に残念ですね。

 

調べてみると、一応続編としてWEBのオリジナルドラマがあるらしいです。

同じ監督・主演の『悪の教典』という映画でも、ストーリーが中途半端な終わり方をして続編はWEBドラマという展開でしたが、これはあえて狙っていることなのかどちらも人気が出なかったために致し方なくWEBドラマで続編をつくっただけなのでしょうか?

 

なんとも残念な感じです…(-_-;)

 

まとめ

漫画原作の実写映画は失敗が多いですし、低評価の方が多い映画ということで少し不安だったのですが、原作とは違ったストーリー展開・キャスティング・着ぐるみ感に少し不満はあるものの思ったより面白かったです!

 

原作愛が強い方にはイマイチなのかもしれませんが、原作を知らない方や虫の特性について知ることを楽しめる方、ネタっぽい笑いが好きな方にはオススメですよ。

 

 

テラフォーマーズ

テラフォーマーズ